『正直バナナ』の軌跡について

        矢嶋ストーリー作品『マーケティングは正直バナナ』の表紙です。タイトルの下に、作・矢嶋剛。表紙の下に赤い帯book band。その帯にはマーケティングは、お客様と働く人の幸せを目指すアクションです。第2版」と書かれています。

この本 『正直バナナ』は
マーケティングの教育プログラムから
生まれました。

本当に必要なことを
わかりやすく伝える

そんな発想から
すべては始まりました。

誕生日は、2010年7月1日。

ブリッジQから、1000冊という
部数限定で出版されました。

当時のタイトルは英語まじり。
 Marketingは正直バナナ でした。

本の構想は、2004年~08年に
(独)雇用・能力開発機構の
離職者(:再就職)訓練を
お引き受けしたときから。

マーケティングという言葉に
初めて触れた人が、3日で
「わかった!」になっちゃう
プログラムを創ったんです。

マーケティングで一番大切なことは

マーケティングは、お客様に価値を認めていただくこと。なんて難しく言う向きもありますけど、もっと簡潔に!お客様に「オッ イイネ!」と思われたい!これでOK。マーケティングで一番大切なことは、「オッ イイネ!」なんです。ところで、「オッ イイネ!」って、実際はどんなものだと思いますか?

なんて、楽しくお伝えしました。

受けた!んで、絵本に!
というわけです。

 ※オッイイネ!は2004年から。
 facebookの「いいね!」は
2008年~(日本版)。
 こちらが少し先でした(笑)

でも限定出版は軌道に乗らず。
ヨーロッパの小さな絵本サイズ≒
横19㎝縦13㎝は特異との理由で。

What a strange book ????

マーケティングは、お客様に価値を認めていただくこと。なんて難しく言う向きもありますけど、もっと簡潔に!お客様に「オッ イイネ!」と思われたい!これでOK。マーケティングで一番大切なことは、「オッ イイネ!」なんです。ところで、「オッ イイネ!」って、実際はどんなものだと思いますか?

本当は紙がいいのに!
(出版社の方、版権いかが?

と思いつつ、そこで挫けず。

2016年に電子書籍として再発売。

現在に至っています。

こんな感じで
歩んでいます