『正直バナナ』
どんな絵本?
どんなガイドブック?
のFAQで さらに詳しく

FAQ よくある質問


Q.この本の、最大の特長は?
A.2つあります。
  
  柔らかいサービスが求められる
  これからのマーケティングを
  ストレートに描いています。
  
  そして、
  核心と全体像だけ
  驚くほど分かりやすく描いています。
  
  だから腑に落ちます。
  これが最大の特長です。
  
  
Q.想定している読者層は?
A.店員さん、コックさん、
  職人さん、工員さん、
  物流を支える皆さん、…
  
  ビジネス・パーソン、
  行政機関で働く方、
  教育にたずさわる方、
  
  『もしドラ』に手が伸びた方、
  マーケティングを知りたい方、
  
  職場や会社を変えたい方、
  社会人をイメージしたい方、
  
  これから仕事を始める方、
  起業される方、…
  
  つまり、
  「仕事、頑張ろう」モードで
  マーケティングに興味のある
  すべての方に
  読んでいただきたいです。


Q.どんな読み方が理想的?
A.まずはお一人で、
  ゆったり楽しんでいただければ!
  
  たとえば、
  カフェでスマホを出して
  (電子書籍だからスマホOK!)
  
  ちょっと読んで
  クスッとなって…
  
  「マーケティングって!」を
  人に話したくなったら…
  
  誰かに
  本の内容をお伝えください。
  
  「マーケティングって…」で
  盛り上がってください。
  
  こんな話の輪が、
  会社やお店で、どんどん広がって
  
  いつの日か、
  アルバイトの方と社長さんが
  マーケティングを語り合ったら!
  
  それって最高です!


Q.難しくないですか?
A.大丈夫です。
  ご案内したように、
  『正直バナナ』は絵本です。
  
  絵本だから、専門知識は要りません。
  専門用語を知らなくてもOK!
  
  要は、仕事に役立てばよいのです。
  
  良きガイドに出会えるかどうか?
  
  実はここが、マーケティングを
  活かす?無視する?の分かれ目なのです。
  
  ぜひ、『正直バナナ』を!
  
  カタカナに塗(まみ)れ、
  専門家や高学歴の独占物のようだった
  マーケティングを
  皆さんにお返しします。


Q.本当に絵本?
A.はい。楽しいイラストがいっぱいです。
  
  文章も柔らかいですよ。
  「このシュークリーム、や、やばい!」
  とか。
  
  頑張るレストランの物語も出てきます。
  ガイド「こじゃる」も登場します。



Q.読むと、何の役に立つの?
A.『正直バナナ』を実践すると
  仕事が楽しくなります。
  
  『正直バナナ』の描くマーケティングは
  お客様と働く人の
  幸せを目指すアクション
です。
  
  ですから
  「お客様の幸せ⇔働く人の幸せ」だと
  納得できます。


Q.もう少し具体的に!
A.すると、
  なんで働く? なんで頑張る?が
  腑に落ちます。
  
  「お客様の幸せ⇔働く人の幸せ」の自覚を
  一緒に働く人(同僚、取引先、経営層)と
  共有しやすくなります。
  
  だから仕事が楽しくなり、業績も伸びます。
  この理想的な状態に、心地よく到達します。


Q.これから必要?
A.絶対に!
  これからの企業や自治体は、
  お客様の最良のパートナー
  になる必要があります。
  
  その方法が、
  『正直バナナ』に
  詰まっているんです。


Q.値段は?
A.価格がバリアにならないように!
  
  そう考えて
  350円にさせていただきました。
  
  なので、メディアは
  amazon の電子書籍 kindle
  選びました。


Q.どうしたら買えるの?
A.購読の手順は以下の通りです。
  
  ①まずkindleアプリ(無料)を
   ダウンロードしてください。
   (ダウンロード済みの方は②へ)
  ②『バナナ』を買い求めください。
  ③購入した『バナナ』をお持ちの
   スマホ、タブレット、PCに
    配信してください。
   (kindle専用端末は不要です)
  ④これでOK。お読みいただけます。


Q.プレゼントできる?
A.はい。350円のギフト券
  amazonで購入し、メール等で
  お贈りください。
便利です。
  amazonのギフト券、デザインが豊富。
  動画のギフト券もあります。
  
  マーケティングを プレゼント!
  ステキだと思います。


Q.あの…言いにくいんですけど、
  タイトルとか、絵本とか、
  フザケているように感じます
A.それは誤解です。
  すべては 競争に勝つ ために!
  
  そして、この勝負に臨(のぞ)む方は…
  
  そうです。
  アルバイトの方を含むスタッフ全員です。
  
  だから『正直バナナ』は、
  「誰でも」→「解る」→「絵本」に
  なりましたし、
  
  書風として親しみ(フザケ)調を
  採用したのです。


Q.この本の評判はどうですか?
A.興味深いことに、専門家でも違います。
  マーケティングの実(じつ)を知る方
  「なるほど、なるほど」と評されます。
  
  対照的に
  部分のプロを自負する方は
  「知っている/知らない」で評価します。
  
  『正直バナナ』とは関心が違うようです。


Q.異端のマーケティング本ですか?
A.違います。むしろ逆です。
  
  先ほど述べたように『正直バナナ』は
  マーケティングの核心と全体像
  やさしくストレートに描いています。
  
  現場が明日からでも実践できるように
  イメージをふんだんに用います。
  
  これこそ、本来の姿です。
  仕事柄、多くの専門書を読みますが、
  
  今のマーケティング本は、
  専門化・部分化が過ぎて
  「誰でも」を見失っています。
  小難しく、読むほど? になります。
  
  これでは駄目なのです。


Q.それで、『正直バナナ』は?
A.ストレートに仕上げました。
  発想や用語の解説に逃げず
  マーケティングを堂々と描きました。
  
  最も重要な事柄、マーケティングを
  認識する方法(≒眼鏡)を
  しっかり描きました。


Q.ところで、正直バナナって何ですか?
A.この本でお伝えしたかった
  マネジメント(組織運営)の指針です。
  
  組織がマーケティング上手になると
  マネジメントは正直バナナになります。
  詳しくは…お読みください!
  「忘れないでね!」を探してください。


Q.マネジメントの本でもある?
A.はい。
  マーケティングが組織に浸透したとき、
  マーケティングとマネジメントは
  同化します。
  
  だから『正直バナナ』は、
  マネジメントの本になれます。
  
  この感覚、目からウロコです。
  経営層や管理職の皆様も
  ぜひ!


Q.この本の社会的メッセージは?
A.情報公開時代のビジネス・経営とは?
  そんな気持ちで、この本を作りました。
  
  組織の疲弊・油断が生んだ矛盾や歪みが、
  まず働く人、次にお客様へ響く時代です。
  記憶・記録にいつまでも遺る時代です。


Q.ところで著者は?
A.矢嶋 剛(やじま たけし)と申します。

  14年間の戦略共有コンサルティングを経て
  2016年から、マーケティングの綴り手に!

  今も大学を少し。

  詳しい経歴は 矢嶋剛のJobGraphics
  公式サイトは 矢嶋ストーリー.tokyo
  (連絡先 は そちらに)

いかがでした?
『正直バナナ』
お仕事にお役立てください。